FDAニュース : 医薬品情報

再発性難治性多発性骨髄腫患者の治療のためにSARCLISAを承認
FDA Approves New Therapy for Patients with Previously Treated Multiple Myeloma [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2020/03/02
カテゴリー:PRODUCT APPROVALS -Drug-
製品名:SARCLISA (isatuximab-irfc)
企業名:Sanofi-Aventis U.S. LLC.
国内製品名:
国内一般名:
国内企業名:
【要約】
FDAは成人再発性難治性多発性骨髄腫患者の治療のために、SARCLISA(isatuximab-irfc)をpomalidomide・dexamethasoneとの併用で承認した。
【詳細】
FDAは、成人再発性難治性骨髄腫患者の治療のために、SARCLISA(isatuximab-irfc:抗CD38抗体)をpomalidomide・dexamethasoneとの併用で承認した(オーファンドラッグ指定)。Lenalidomideとプロテアソーム阻害薬を含む2薬以上が無効となった患者が適応となる。本承認は、同適応・同疾患患者307名の参加した臨床試験の結果に基づく。一般的な副作用には、好中球減少症(重篤となりえる)・静注関連反応・肺炎・上気道感染症・下痢・貧血・リンパ球減少症・血小板減少症があった。さらに、深刻な副作用としてグレード3以上の静注関連反応がありえ、投与中止と適切な医療管理が必要となる。二次原発性悪性腫瘍についての監視も要する。胎児に害を及ぼす可能性があり、治療中から治療後少なくとも5ヶ月間は避妊が必要である。また、血液バンクでの検査やMタンパク質アッセイを阻害する可能性がある。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 日本人の再発または難治性多発性骨髄腫におけるDaratumumabの安全性に関する後方視的検討と Infusion Related Reaction 発現リスク因子の探索
  2. 多発性骨髄腫の最近の話題
  3. 多発性骨髄腫では反応性形質細胞過形成と比較して5-ヒドロキシメチルシトシン発現細胞の減少が見られる. : 腫瘍性形質細胞の同定に有用な免疫組織化学的手法
  4. 再発・難治性多発性骨髄腫に対するイキサゾミブ, レナリドミド, デキサメタゾン併用療法の有効性と安全性の検討
  5. 椎体骨折を伴う多発性骨髄腫における外科的治療の重要性
  6. 多発性骨髄腫 (multiple myeloma)


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site