FDAニュース : 医薬品情報

局所進行性/転移性尿路上皮癌患者の治療のためにPADCEVを迅速承認
FDA grants accelerated approval to enfortumab vedotin-ejfv for metastatic urothelial cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2019/12/18
カテゴリー:PRODUCT APPROVALS -Drug-
製品名:PADCEV (enfortumab vedotin-ejfv)
企業名:Astellas Pharma US, Inc.
国内製品名:
国内一般名:
国内企業名:アステラス製薬株式会社
【要約】
FDAは、成人の局所進行性/転移性尿路上皮癌患者の治療のためにPADCEV(enfortumab vedotin-ejfv)を迅速承認した。
【詳細】
FDAは、PD-1/ PD-L1阻害薬による治療歴と白金製剤を用いた術前/術後補助療法歴または局所進行性/転移性癌治療歴のある、成人の局所進行性/転移性尿路上皮癌患者の治療のために、PADCEV(enfortumab vedotin-ejfv:抗nectin-4抗体−薬物複合体)を迅速承認した。本承認は、PD-1/PD-L1阻害薬による免疫療法歴と白金製剤による化学療法歴のある局所進行性/転移性尿路上皮癌患者125名の参加した単一群多施設臨床試験EV-201(NCT03219333)の結果に基づく。一般的な副作用には、疲労・末梢神経障害・食欲不振・発疹・脱毛症・悪心・味覚障害・下痢・ドライアイ・かゆみ・乾燥肌があった。また、糖尿病の既往に因らず、死亡例を含む糖尿病性ケトアシドーシスの発症例があり、注意を要する。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 泌尿器科領域癌患者におけるレボカルニチン投与のQOLに関する初期検討
  2. 2. 免疫チェックポイント阻害剤 (15) 【膀胱癌】
  3. 尿路上皮癌におけるリキッドバイオプシー
  4. 上部尿路上皮癌に対する術前尿管鏡検査の有用性についての検討
  5. 第20回 免疫チェックポイント阻害薬の副作用と対処


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site