FDAニュース : 医薬品情報

高尿酸血症治療剤Uloricの特記警告に心臓関連死を追加
Uloric (febuxostat): Boxed Warning Added - Due to Increased Risk of Death with Gout Medicine [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2019/02/21
カテゴリー:PRODUCT SAFETY -Drug-
製品名:Uloric (febuxostat)
企業名:Takeda Pharmaceuticals America, Inc.
国内製品名:
国内一般名:フェブキソスタット
国内企業名:帝人ファーマ株式会社
【要約】
FDAは、高尿酸血症治療薬Uloric(febuxostat)の特記警告に心臓関連死を追加した。
【詳細】
FDAは、Uloric(febuxostat:非プリン型選択的キサンチンオキシダーゼ阻害剤)の特記警告に心臓関連死を追加した。安全性臨床試験の結果、高尿酸血症治療剤allopurinolと比較して同薬での心臓関連およびその他の死亡リスクが高かったためである。同薬を服用中の患者は、胸痛・息切れ・不整脈・片側性のしびれや脱力・目眩・言語障害・突然の激しい頭痛といった症状があれば、直ちに受診すべきである。Uloricの処方は、allopurinol不適応患者に限られる。
関連するメディカルオンライン文献
  1. CKDにおける高尿酸血症の最新知見 〜FEATHER Studyも含めて〜
  2. 高尿酸血症の治療
  3. 尿酸降下剤 フェブキソスタット : 使ってはいけない アロプリノールより心血管死・総死亡が多い
  4. 尿酸低下剤
  5. 尿酸の調節と薬剤


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
イヤーノート 2022 内科・外科編

イヤーノート 2022 内科・外科編
出版社: メディックメディア

26,400 円(税込)

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠
出版社:株式会社シナジー

4,840 円(税込)

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making

小児科診療 Vol.84 2021年増刊号 小児科 Decision Making
出版社:診断と治療社

9,900 円(税込)

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版

最新 検査・画像診断事典 2021年4月増補版
出版社:医学通信社

3,080 円(税込)

高齢者糖尿病治療ガイド 2021

高齢者糖尿病治療ガイド 2021
出版社:文光堂

990 円(税込)

Medical Online English Site