FDAニュース : 医薬品情報

閉経前/閉経期/閉経後のHR陽性HER2陰性進行性/転移性乳癌患者治療のために、Kisqaliを適応拡大
FDA expands ribociclib indication in HR-positive, HER2-negative advanced or metastatic breast cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2018/07/18
カテゴリー:PRODUCT APPROVALS -Drug-
製品名:Kisqali (ribociclib)
企業名:Novartis Pharmaceuticals Corporation
国内製品名:
国内一般名:
国内企業名:
【要約】
FDAは、閉経前/閉経期/閉経後のHR陽性HER2陰性進行性/転移性乳癌患者治療のために、Kisqali(ribociclib:CDK4/6阻害薬)の適応を拡大した。
【詳細】
FDAは、閉経前/閉経期のHR陽性HER2陰性進行性/転移性乳癌患者の初回治療として、アロマターゼ阻害薬とKisqali(ribociclib:CDK4/6阻害薬)の併用を承認した。さらに、閉経後のHR陽性HER2陰性進行性/転移性乳癌患者の初回/二次療法として、fulvestrantと同薬の併用も承認した。前者の適応拡大はRCT:MONALEESA-7(NCT02278120)に基づき、後者の適応拡大は対象疾患患者726名の参加したRCT:MONALEESA-3(NCT02422615)に基づく。同薬はすでに、閉経後のHR陽性HER2陰性進行性/転移性乳癌患者の初回療法としてアロマターゼ阻害薬との併用が承認済みである。一般的な副作用には、好中球減少・悪心・感染症・疲労・下痢・白血球減少・嘔吐・脱毛・頭痛・便秘・発疹・咳があった。
関連するメディカルオンライン文献
  1. PALOMA-2試験 : ホルモン受容体陽性進行乳がんに対するCDK4/6阻害薬の位置づけ
  2. 閉経前乳癌内分泌療法の長期副作用
  3. 乳癌に対する分子標的治療薬の併用療法の可能性
  4. 後期高齢者乳癌における内分泌療法
  5. 新世代の分子標的治療 乳がん


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site