海外ジャーナルレビュー : 「その他」

抗CD20白血病薬オファツムマブがMSでテリフルノミドと対決
Ofatumumab versus Teriflunomide in Multiple Sclerosis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:August 2020
巻:383
開始ページ:546
【背景】
抗CD20抗体薬オファツムマブは、CD20陽性CLL等に使用されている。University of CaliforniaのHauserら(ASCLEPIOS I/II)は、同薬の再発性多発性硬化症(MS)患者に対する効果・安全性をテリフルノミドと比較する二重盲検ダブルダミー第3相試験を行った(n=946)。一次エンドポイントは年間再発率である。
【結論】
追跡期間中央値1.6年で、オファツムマブのテリフルノミドへの効果優位を認めた(試験Iで差−0.11、試験IIで差−0.15)。3・6 ヵ月時点での障害悪化軽減度、6ヵ月時点での障害改善度でも優位だった。重篤感染症は各2.5%・1.8%で発現した。
【評価】
T細胞の役割が注目されているMSだが、抗B細胞薬の転用が有効である可能性を示した。メーカー主導で初めから既存薬と対決した野心的な試験である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site