海外ジャーナルレビュー : 「その他」

COVID-19肺炎とH1N1インフルエンザ肺炎を分かつもの
Pulmonary Vascular Endothelialitis, Thrombosis, and Angiogenesis in Covid-19 [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:May 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は主に肺炎として現れるが、全身血管炎べースのあることが理解されつつある。Brigham and Women’s HospitalのMentzerらは、同死亡患者の剖検時に得られた7肺検体の所見を、インフルエンザA型(H1N1)感染後ARDS死亡患者および非肺炎死亡患者と比較した。
【結論】
COVID-19による呼吸不全死亡患者とインフルエンザ肺炎死亡患者とは、血管周囲へのT細胞浸潤を伴うびまん性肺胞傷害で共通した。さらに前者肺では、細胞内へのSARS-CoV-2の侵入と細胞膜破壊を伴う重度血管内皮損傷という特異な血管像を認めた。また、微小血管障害を伴う広範な血栓形成が特徴的であった。COVID-19患者では、肺胞毛細血管内微小血栓の存在がインフルエンザ患者の9倍であった。また、血管新生の重積(intussusceptive angiogenesis)による新生血管量がインフルエンザ患者の2.7倍であった。
【評価】
著者らはこれらの所見を「unexpected」とし、COVID-19肺炎の特徴を血管内皮炎と微小血管血栓症としている。ACE2との関連も示唆されており、対象患者規模の拡大によって検証されるべき有力な中心仮説を提出した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site