海外ジャーナルレビュー : 「その他」

世界のCOVID-19のホットスポットNYから入院患者5,700名を報告
Presenting Characteristics, Comorbidities, and Outcomes Among 5700 Patients Hospitalized With COVID-19 in the New York City Area [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:April 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
ニューヨークは、武漢をしのぐ世界の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のホットスポットとなった。Northwell HealthのRichardsonらは、2020年3月1日〜2020年4月4日に同エリア12施設に入院した同患者のプロファイルを報告している(n=5,700、年齢中央値63歳、女性39.7%)。一次アウトカムは、機械的換気・腎代替療法・死亡である。
【結論】
最も一般的な基礎疾患は、高血圧(56.6%)・肥満(41.7%)・糖尿病(33.8%)であった。トリアージ時、30.7%に発熱、17.3%が呼吸数数24回/分があり、27.8%が酸素補充を受けた。他の呼吸器ウイルスの同時感染率は2.1%であった。退院または死亡患者(n=2,634)では、14.2%がICU管理、12.2%が機械的換気、3.2%が腎代替療法を受けており、死亡率は21%であった。
【評価】
現在まで最大のケースシリーズ報告である。男性・高齢他のリスク因子に関しては周知となっている。「人工呼吸した患者は90%助からない」という報道がなされたが、この報告発表時点では未だ患者の53.8%が入院中、という状態で、死亡率を含め最終所見ではない。米では人工呼吸1ヶ月というような例が続出しているようである。最近では、入院・死亡患者の人種性や社会経済ステータスの問題が浮上している(https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMp2012910)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site