海外ジャーナルレビュー : 「その他」

ミシガンでの一般外科手術へのロボット導入トレンド
Trends in the Adoption of Robotic Surgery for Common Surgical Procedures [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:JAMA Network Open
年月:January 2020
巻:3
開始ページ:e1918911
【背景】
アメリカではロボット支援手術が通常の外科症例にまで広がっている。University of MichiganのSheetzらは、ミシガン州73施設(患者169,404名)における、腹腔鏡下低侵襲手術が可能な一般外科手術での手術支援ロボット使用のトレンドを調査・分析した(2012〜2018年)。
【結論】
手術支援ロボット使用例は2012年の1.8%から2018年の15.1%に増加した。特定の手術で増加幅がより大きかった。例えば鼠経ヘルニア修復では、手術支援ロボット使用が0.7%から28.8%に増加した。ロボット支援手術を始めて最初の4年で使用率は8.8%増加し、この傾向は、腹腔鏡手術の53.2%から53.1%への減少と関連した。
【評価】
Michigan Surgical Quality Collaborative(MSQC)の重要な調査報告である。ロボット支援手術が非使用手術より有益である、という明確なエビデンスは存在しておらず、著者らは、「ニューテクノロジーへの熱狂が臨床的有効性のエビデンスを踏み越えないようモニターし続けなければならない」としている。有効性・安全性に関する後向検証が行われるものとみられる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site