海外ジャーナルレビュー : 「その他」

Takedaの4価デングワクチンTAK-003登場
Efficacy of a Tetravalent Dengue Vaccine in Healthy Children and Adolescents [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:November 2019
巻:381
開始ページ:2009
【背景】
デング熱に対する新しいワクチンが現れた。Takedaの4価ワクチンTAK-003で、同社のBiswalら(TIDES)は、流行域26ヵ所で20,071名の患者を対象として行われたその第3相試験の初期データを発表している。4〜16歳の健康な小児・思春期児をワクチン群とプラセボ群に割り付け、3ヵ月間隔で2回試験ワクチンを接種した。一次エンドポイントは、ウイルス学的に確認されたワクチン有効率である。
【結論】
TAK-003の有効性を確認した(80.2%)。入院にいたる臨床的デング熱に対する有効率は95.4%であった。重篤有害事象に群間差はなかった。
【評価】
ゲームチェンジャーとなりえる高インパクト結果だが、SanofiのDengvaxiaのフィリピンにおける失敗事例は重く、検証も承認も慎重に行われるものとみられる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site