海外ジャーナルレビュー : 「その他」

統合失調症患者脳に特有の概日リズムを遺伝子レベルで同定
Diurnal rhythms in gene expression in the prefrontal cortex in schizophrenia [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:Nature
年月:August 2019
巻:10
開始ページ:3355
【背景】
統合失調症患者は概日リズムが乱れることが知られるが、その主症状発現に重要な背外側前頭前野(dlPFC)で遺伝子発現パターンが違う、とする報告がなされた。University of PittsburghのSeneyらによるもので、剖検脳サンプルのtime-of-death(TOD)データを用い、dlPFC内における遺伝子発現の概日パターンをRNA-seqにより検出したものである(健常対象者:n=46、統合失調症患者:n=46)。
【結論】
統合失調症患者のdlPFC内では、対照健常者に見られる概日リズムが多くの遺伝子において失われていた一方、健常者とは異なる遺伝子群が概日リズムを呈していた。特有リズムを呈した遺伝子の多くはミトコンドリア機能に関与しており、またすでに統合失調症に関与するとされているBDNFやGABA関連トランスクリプトの遺伝子発現にも関連していた。
【評価】
統合失調症の本質に迫っている可能性もある興味深い発見である。BDNFやGABA関連トランスクリプトは夜死亡した患者脳からだけ検出された、という重要な観察も報告している。剖検脳を使う困難な実測であることから例数は少なく、重症患者であるため多数薬が投与されている。重要な仮説生成研究とみなされるべきである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site