海外ジャーナルレビュー : 「その他」

サハラ以南アフリカでのHIV治療のための新レジメンは
Dolutegravir plus Two Different Prodrugs of Tenofovir to Treat HIV [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:August 2019
巻:381
開始ページ:803
【背景】
HIV感染に対する抗レトロウイルス療法(ART)の現レジメンを、ドルテグラビル(DTG)やテノホビルアラフェナミドフマル酸塩(TAF)を含む新レジメンに置き換えることが提唱されているが、重要な使用地域であるサハラ以南アフリカでの選択は。南アフリカUniversity of the WitwatersrandのVenterら(ADVANCE)は、エムトリシタビン(FTC)+DTGに二種のテノホビルプロドラッグ(TAFまたはテノホビルジソプロキシルフマル酸塩[TDF])を併用する3剤レジメンと、現在の地域標準レジメン(TDF+FTC+エファビレンツ)を比較する第3相非劣性試験を行った(n=1,053)。一次エンドポイントは、48週でのHIV-1 RNA量が50コピー/mL未満であった患者の割合である。
【結論】
新規TAF・TDF ベース両レジメンの、現標準レジメンに対する一次エンドポイント非劣性を認めた。試験中止患者は標準レジメン群が多かった。TAFベースレジメンは他レジメンより骨密度・腎機能への影響が少なかったが、体重増が特に女性で著しかった。
【評価】
このような切り替えは世界的に推奨されているが、サハラ以南アフリカでは薬価問題が重要であり、その面でこの非劣性レジメンに高い有益性がある。他方、同地域での重要問題であるTBとの関連で新レジメンが現レジメンに劣らないかどうかは未だ確定していないようである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

7,040 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

20,350 円(税込)

メディカルオンライン セルフパブリッシュ
Medical Online English Site