海外ジャーナルレビュー : 「その他」

スマホで小児中耳炎を診断
Detecting middle ear fluid using smartphones [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:Science Translational Medicine
年月:May 2019
巻:11
開始ページ:eaav1102
【背景】
現在、急性中耳炎(AOM)における中耳貯留液の検出には高価な機器が必要である。University of WashingtonのChanらは、市販のスマートフォンを用いて、聴取可能な音信号を耳管内に送り、その反響信号を分析する機械学習アルゴリズムを開発し、生後18ヶ月〜17歳の患児(98耳)を対象として中耳貯留液の検出精度・診断的価値を検討した。
【結論】
本システム(AUC:0.898)は、既存の測定技術(acoustic reflectometry)と同等以上に中耳貯留液を検出し(AUC:0.776)、感度84.60%・特異度81.94%であった。また、患児の25耳を用いた別研究において、親は適切に操作でき、同様な結果が得られた。
【評価】
著者らが「ワイングラスをたたいて音を聞くのと同じ」とする簡易「聴診」法で、おそらく安価であり、途上国だけでなく一般のプライマリケアも変えうる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site