海外ジャーナルレビュー : 「その他」

βブロッカーの肝硬変使用にエビデンス
β blockers to prevent decompensation of cirrhosis in patients with clinically significant portal hypertension (PREDESCI): a randomised, double-blind, placebo-controlled, multicentre trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The Lancet
年月:April 2019
巻:393
開始ページ:1597
【背景】
肝硬変における門脈圧亢進症(CSPH)にβブロッカーが使用されうるが、エビデンスは未だ堅固でない。スペインHospital of a Creu and Sant PauのVillanuevaら(PREDESCI)は、CSPH(肝静脈圧較差[HVPH]≧10mmHg)合併の代償性肝硬変患者201名を対象をプロプラノロール奏効群(HVPG減少≧10%)と非奏効群に分け、奏効群をプロプラノロール群(n=67)と対照群(n=68)に、非奏効群をカルベジロール群(n=33)と対照群(n=33)に無作為に割り付ける第IV相試験を行った。一次エンドポイントは、肝硬変の代償不全化(腹水・出血・肝性脳症)と死亡である。
【結論】
βブロッカーの一次エンドポイント有効性を認た(HR:0.51)。この効果には腹水の減少が主に寄与していた(HR:0.44)。有害事象は群間同等であった。
【評価】
古くは「無益」とされたこともあるアプローチだが(https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa044456)、スペイングループは真に有効となる条件の確立を目指していた。適切なHVPGレベルの患者での、特に腹水軽減のための使用に良質のエビデンスをもたらした。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site