海外ジャーナルレビュー : 「その他」

抗エボラウイルス抗体薬mAb114第I相を通過
Safety, tolerability, pharmacokinetics, and immunogenicity of the therapeutic monoclonal antibody mAb114 targeting Ebola virus glycoprotein (VRC 608): an open-label phase 1 study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The Lancet
年月:March 2019
巻:393
開始ページ:889
【背景】
コンゴ民主共和国で2018年に勃発し未だ終息を見ないエボラウイルス(EBOV)病では、様々なワクチン・抗ウイルス薬が試みられている。NIHのGaudinskiら(VRC608)は、19名の確診患者を対象として、Zaire EBOV受容体結合領域標的化モノクローナル抗体mAb114の安全性・忍容性・薬物動態・免疫原性を評価する第I相試験を行なった。一次エンドポイントは、安全性・忍容性である。
【結論】
mAb114の短期忍容性を確認し、半減期24.2日を得た。抗薬物抗体の出現はなかった。全身症状は軽微であり、重篤有害事象はなかった。
【評価】
内戦地域であるためワクチンは貯蔵・輸送の問題が大きく、同薬には凍結乾燥して輸送できる、という大きな利点がある。既にII/III相が行われているが、他の治療モードも第I相検証されている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site