海外ジャーナルレビュー : 「その他」

FMTに新規嫌気条件下調整手法を提案
Effect of Fecal Microbiota Transplantation on 8-Week Remission in Patients With Ulcerative ColitisA Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:January 2019
巻:321
開始ページ:156
【背景】
糞便微生物移植(FMT)が潰瘍性大腸炎(UC)等に対する標準療法に近づきつつある。オーストラリアQueen Elizabeth HospitalのCostelloらは、非重症UC患者73名を対象として、嫌気条件下で多数ドナーからのプール化糞便を調整したFMT(n=38)の効果を検証するRCTを行った(対照:自家FMT[好気条件下]、n=35)。一次エンドポイントは、移植8週後におけるステロイドフリーUC寛解である。
【結論】
嫌気条件下FMTの一次エンドポイント効果を認め(32% vs. 9%)、うち42%では12週間フォローアップでも寛解持続がみられた。重篤有害事象は、嫌気条件下FMTで3例(UC悪化・偽膜性腸炎・肺炎)、自家FMTにおいて2例(UC悪化)みられた。
【評価】
従来の好気条件下FMTでは治療効果が期待される偏性嫌気性菌が失われていたが、複数ドナー由来の嫌気条件下FMTにより腸内細菌叢の多様性が高まる。パイロット的試験であり、ドナー選択法の確定や安全性のさらなる評価が必要である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site