海外ジャーナルレビュー : 「その他」

催眠療法では乳癌手術後の疼痛は緩和できない
Effects of a Hypnosis Session Before General Anesthesia on Postoperative Outcomes in Patients Who Underwent Minor Breast Cancer Surgery: The HYPNOSEIN Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:その他
ジャーナル名:JAMA Network Open
年月:August 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
催眠療法は疼痛管理や不安に対する代替療法として広く用いられているが、術後アウトカムに効果はあるか。フランスUniversity of MontpellierのAmraouiら(HYPNOSEIN)は、乳癌手術予定患者を対象に、術前の催眠療法の術後疼痛に対する効果を検討する第III相RCTを行った(催眠療法群n=77、コントロール群n=71)。一次アウトカムは、術後回復室(PACU)からの退出直前の疼痛減弱(VASで2点減少)である。
【結論】
催眠療法の一次アウトカム効果を認めなかった。術後の夜の疲労度の軽減等二次アウトカム効果を多少認めた。
【評価】
催眠療法に術後疼痛軽減効果があるとする報告があり(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17728216)、本格検証した臨床試験だったが、失敗した。疲労感・不安感・満足度等より心理的な側面での効果は否定できない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(その他)
The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site