海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

ズレ2mm以下の舟状骨骨折へのファーストチョイスはキャスト固定
Surgery versus cast immobilisation for adults with a bicortical fracture of the scaphoid waist (SWIFFT): a pragmatic, multicentre, open-label, randomised superiority trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:The Lancet
年月:August 2020
巻:396
開始ページ:390
【背景】
ズレの小さい舟状骨骨折への外科手術は必要か。英University Hospitals of LeicesterのDiasら(SWIFFT)は、骨折部位のズレが2mm以下である舟状骨腰部骨折患者439名を対象としてこれを検証するRCTを行った(対照:ギプス固定)。一次アウトカムは、無作為化後52週間でのpatient-rated wrist evaluation(PRWE)スコアである。
【結論】
外科手術の一次アウトカム優位を認めなかった。術後合併症は手術群が多かったが、内科的合併症発生は同等だった。
【評価】
保存療法をファーストチョイスにせよ、という明快な結論である。研究対象は16歳以上だが、若いほど手術は不要かもしれない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site