海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

非肥満者の腹部外科手術への術前リハビリテーションの有用性は:系統レビュー
Prehabilitation among Patients Undergoing Non-Bariatric Abdominal Surgery: A Systematic Review [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:Journal of the American College of Surgeons
年月:July 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
非肥満者の骨盤腔内・腹部外科手術での術前リハビリテーションは有益か。University of TexasのLyonsらは、14件のRCT(n=982)を対象とする系統レビューを行なった。
【結論】
手術特性やリハビリテーション技術、評価アウトカムなど研究間の異質性が高く、また71%の研究は4週間以下と介入期間が短く、参加率も低かった。5研究では手術部位感染アウトカムは介入群と対照群で差は無く、69%の研究では術前リハビリは術後合併症発生を低下させなかった。しかし、介入群において6分歩行テストなどの身体機能の改善がみられた。
【評価】
やや広い範囲の文献を対象とした先行レビューでは有効性が認められている(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24439570/)。このレビューも一応の有効性を結論したが、効果を最大化させるには多くの工夫が必要であろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site