海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

下肢蜂窩織炎再発予防に簡便・非侵襲コンプレッション手法
Compression Therapy to Prevent Recurrent Cellulitis of the Leg [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:August 2020
巻:383
開始ページ:630
【背景】
特に肥満者等では下肢蜂窩織炎は再発を繰り返しやすい。オーストラリアCalvary Public Hospital BruceのWebbらは、再発性蜂窩織炎発生患者84名を対象として、コンプレッション療法の有効性・安全性を検証する単一施設非盲化RCTを行なった。患者を下肢へのコンプレッション療法+蜂窩織炎予防教育介入群と教育のみのコントロール群に割り付けた。一次アウトカムは蜂窩織炎の再発である。
【結論】
介入の一次アウトカム効果を認めた(HR:0.23)。入院率も介入群が低かった(HR:0.38)。QOLアウトカムに群間差は無く、有害事象発生は無かった。
【評価】
コクランレビューが、再発例では抗菌薬は有効でなくなる、としていた問題で(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28631307/)、新しい簡便・非侵襲手法を提示した。NEJMがこのような少数例での非盲化RCTを受理する例は少なく、意外な簡便手法として高評価となったようである。世界で追試されることになる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site