海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

全身振動刺激トレーニングで高齢フレイル患者の身体機能を改善
Effects of Whole-Body Vibration Training on the Physical Function of the Frail Elderly: An Open, Randomized Controlled Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:Archives of Physical Medicine and Rehabilitation
年月:July 2020
巻:101
開始ページ:1111
【背景】
全身振動刺激(Whole-Body Vibration: WBV)トレーニングは高齢フレイル患者に安全・有効か。オーストラリアUniversity of the Sunshine CoastのWadsworthらは、老人介護施設ボランティア男女117名を対象としてこれを検証する非盲RCTを行なった。患者をWBV運動介入群・擬似WBV(SIM)群・対照群に割り付けた。全患者は標準ケアを受け、WBV・SIM群は週2回16週間のセッションを受けた。一次アウトカムはTimed Up & Go Test(TUG)・Parallel Walk・10m Timed Walk(10mTW)テストである。
【結論】
介入参加率はSIM・WBVとも高く、有害事象の報告も無かった。WBVトレーニングに一次アウトカム有効性を認め、Parallel Walk Testでは介入後12ヶ月後まで、10mTWテストでは6ヶ月後まで有効性が持続した。
【評価】
同手法は歴史が長く、系統レビュー・メタアナリシスも複数存在するが(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29289937/、https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0167494317302625)、中規模研究でフレイル患者への有効性を認めたRCTは初めてとなる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site