海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

中高齢男性にも専門家指導でタフな筋トレ
Effects of supervised high-intensity resistance and impact training or machine-based isometric training on regional bone geometry and strength in middle-aged and older men with low bone mass: The LIFTMOR-M semi-randomised controlled trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:Bone
年月:July 2020
巻:136
開始ページ:115362
【背景】
筋力トレーニングは中高齢男性の骨量や骨密度改善と関連するか。オーストラリアGriffith UniversityのBeckら(LIFTMOR-M)は、45歳以上の腰椎・大腿骨周辺の低骨密度(BMD)男性93名を対象として、これを検証するsemi-RCTを行なった。患者は、8ヶ月週2回専門家指導下でのhigh-intensity progressive resistance and impact training(HiRIT:高強度レジスタンス・インパクトトレーニング)群、machine-based isometric axial compression(IAC:マシンを用いたアイソメトリック軸圧運動)群、コントロール群(CON)に割り付けられた。評価アウトカムは、各部位の骨密度増加と介入の安全性である。
【結論】
介入へのコンプライアンスは同等だった。HiRITはCON(5.6% vs. −0.1%)・IAC(5.6% vs. 0.7%)と比べ、大腿骨頚部の皮質骨幅を改善した。また脛骨遠位部の海綿骨はCONでは低下が見られたが、HiRIT群では維持された。IAC群では骨量・BMDの改善は見られなかった。
【評価】
女性を対象として有効性を示したLIFTMOR(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28975661/)の男性版である。高齢者にもタフな筋トレを課すもので、先行レビューでは骨密度強化への効果は低いとの見方が強かったが、運動の種類で調整できる可能性を示した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site