海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

COPD患者は退院後できるだけ早くリハ開始を
Association Between Initiation of Pulmonary Rehabilitation After Hospitalization for COPD and 1-Year Survival Among Medicare Beneficiaries [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:May 2020
巻:323
開始ページ:1813
【背景】
入院慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者への退院後早期呼吸リハビリテーション開始は患者生存率と関連するか。University of MassachusettsのLindenauerらは、2014年のMedicareデータに基づきこの問題を検討する後向解析を行った(n=197,376)。一次アウトカムは、退院後1年以内の全原因死亡である。
【結論】
退院後90日以内の呼吸リハ開始は有意な1年以内死亡リスク低下と関連した[絶対リスク差(ARD)−6.7%、ハザード比(HR)0.63]。退院以後開始までの日数が短いほど有効であり、またセッション追加も有意な死亡リスク低下と関連した。
【評価】
早期呼吸リハを推奨する欧米COPDマネジメントガイドライン(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28298398)を支持するエビデンスを提出したが、いまだCOPD患者へのリハ普及は3〜4%と少ない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site