海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

慢性腰痛にプレグネノロン?
Effect of Pregnenolone vs Placebo on Self-reported Chronic Low Back Pain Among US Military Veterans: A Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:JAMA Network Open
年月:March 2020
巻:3
開始ページ:e200287
【背景】
慢性腰痛患者のペインマネージメントでのプレグネノロン使用は有効か。Duke University Medical CenterのNaylorらは、イラク・アフガニスタン戦争の退役軍人94名を対象としてこれを検証する第2相試験を行なった。患者を1週間のプラセボ導入期間後に、4週間のプレグネノロン群とプラセボ群に割り付け、用量漸増デザイン試験を行った。一次アウトカムは、日常平均疼痛強度のベースラインからの変化(NRSスケール)である。
【結論】
プレグネノロンの一次アウトカム有効性を認めた(スコア変化:−0.56)。20%以上の疼痛改善の見られた患者はプレグネノロン群で51.2%、プラセボ群で28.6%だった(OR:2.62)。有害事象の報告はなかった。
【評価】
ニューロステロイド(アロプレグナノロン)値がLBPのバイオマーカーとなりえることから着想された仮説の、初めてのRCTによる検証である。第3相検証を正当化する重要な結果となった。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site