海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

朝方のブルーライト照射で軽度外傷性脳損傷症状を軽減?
A randomized, double-blind, placebo-controlled trial of blue wavelength light exposure on sleep and recovery of brain structure, function, and cognition following mild traumatic brain injury [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:Neurobiology of Disease
年月:February 2020
巻:134
開始ページ:104679
【背景】
朝方のブルーライト照射が軽度外傷性脳損傷(mTBI)患者の睡眠を改善した、という報告がある。University of ArizonaのKillgoreらは、睡眠障害を有するmTBI発症後18ヶ月以内の成人患者32名を対象として、ブルーライト照射の効果を更に検証するDBRCTを行なった。患者を30分間のブルーライト照射群(peak λ=469nm)とプラセボ光照射群(peak λ=578nm)に割り付け、6週間介入した。評価アウトカムは、神経認知能・脳機能イメージング・睡眠の質変化である。
【結論】
プラセボと比較して、朝方のブルーライト照射介入は睡眠時間、日中眠気、実行機能を改善し、視床後部ボリュームの増加、視床皮質系の機能的結合性と軸索経路の統合性増とも関連した。
【評価】
ブルーライト照射で睡眠-覚醒サイクルに働きかけて認知-脳機能を活性化する、という考え方(https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1545968313508472)の応用である。著者らは、mTBI患者の鬱軽減等にも有効である可能性があるともしており、更なる検証に値する仮説である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site