海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

15歳以下のオスグッド病と膝蓋大腿疼痛の患者を調査
Pain, Sports Participation, and Physical Function in 10-14 Year Olds With Patellofemoral Pain and Osgood Schlatter: A Matched Cross-Sectional Study of 252 Adolescents [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:Journal of Orthopaedic & Sports Physical Therapy
年月:January 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
オスグッド・シュラッター病(OSD)と膝蓋大腿疼痛(PFP)はともに成長期に多いが、調査は少ない。デンマークAalborg UniversityのRathleffらは、10〜14歳のPFP(n=151)・OSD(n=51)患者、健常対照者(n=50)を対象とするアンケートと股関節・膝機能の動作測定、ウィアブルセンサーによる身体活動値評価を行った。
【結論】
OSD・PFP・健常者間に活動量差はなかったが、PFP・OSD患者は膝の疼痛や膝機能低下が競技への参加やQOLに影響を与えていた。またOSD患者では膝伸縮筋力の低下、PFP患者では股関節伸縮筋力の低下がみられた。
【評価】
データが少ない領域の有意義な調査である。実際の患者数は日本でも相当多いことが考えられるが、調査は十分でない。オスグッド病に関しては発症数年後も疼痛が継続する場合が多いという報告があり(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31700938)、早期の競技休止判断が良好な予後のために重要となる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site