海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

腰部神経根障害患者の疼痛改善にモビライゼーション?
The Effect of Spinal Mobilization With Leg Movement in Patients With Lumbar Radiculopathy - A Double-Blind Randomized Controlled Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:Archives of Physical Medicine and Rehabilitation
年月:May 2019
巻:100
開始ページ:828
【背景】
腰部神経根障害患者に腰椎モビライゼーションは有効か。インドKashibai Navale College of PhysiotherapyのSatputeらは、亜急性腰部神経根症患者60名を対象としてこれを検証するDBRCTを行なった。患者を下肢動作腰椎モビライゼーション(spinal mobilization with leg movement: SMWLM)+電気療法の介入群と運動療法+電気療法のみの対照群に割り付け、2週間6回のセッションを行った。一次アウトカムは、Oswestry Disability Indexスコアによる下肢痛強度である(ベースライン・介入直後・3ヶ月後・6ヶ月後に評価)。
【結論】
2週間後・6ヶ月後で介入の一次アウトカム効果を認めた(6ヶ月後の下肢痛・障害度の平均差:各MD 2.6・MD 4.7)。介入群ではglobal rating of change(GROC)・straight leg raise(SLR)・lumbar range of motion(ROM)での改善も認めた。
【評価】
2011年のレビューでは神経根障害へのモビライゼーションの有効エビデンスはないとされており(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21292148)、これに抗して有効性を主張するRCTである。腰椎モビライゼーションにはリスクもある(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30867144)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site