海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

膝OA患者の歩行能力改善には股関節強化が重要
Does adding hip exercises to quadriceps exercises result in superior outcomes in pain, function and quality of life for people with knee osteoarthritis? A systematic review and meta-analysis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:British Journal of Sports Medicine
年月:February 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
変形性膝関節症(KOA)患者は大腿四頭筋に加え股関節運動が重要と言われている。オーストラリアLatrobe UniversityのSemciwらは、この点を検証した8 RCT(n=340)を対象とする系統レビュー・メタ解析を行なった。
【結論】
股関節強化トレーニングの追加は有意に歩行機能を改善したが(標準化平均差[SMD]−1.06)、疼痛(−0.09)・患者報告機能(−0.74)・階段昇降能力(−0.7)アウトカムには効果がなかった。サブグループ解析では、機能的神経筋系トレーニングと比べ、股関節レジスタンストレーニングは疼痛・患者報告機能の改善に有効であった。
【評価】
著者らは、股関節トレーニングの追加は有効であると結論している。股関節外転筋を強化することで膝の負担が軽くなる、等の機構が考えられている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site