海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

TKAかUKAか:最新系統レビュー・メタ解析の結果は
Patient relevant outcomes of unicompartmental versus total knee replacement: systematic review and meta-analysis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:British Medical Journal
年月:February 2019
巻:364
開始ページ:l352
【背景】
人工膝関節単顆置換術(UKA)と人工膝関節全置換術(TKA)の優劣に結論はあるのか。University of OxfordのWilsonらは、1997〜2018年に行なわれた研究を分類し(6 RCT/7文献・17関節レジストリ+国家データベース研究・36コホート研究)、分類グループ別にアウトカムを比較する系統レビュー・メタ解析を行なった。
【結論】
全グループにおいては、UKAはTKAより入院期間が短く(−1.20日/−1.43日/−1.73日)、患者報告アウトカム尺度(PROMs)による疼痛スコアに有意差はなかったが、RCT以外の2グループにおいては機能的PROMsスコアはUKAの方が良好だった(平均差−0.58・−0.32)。また重大合併症発生の差は有意でなかったが、TKA後の死亡はレジストリやデータベース研究で有意に高かった(リスク比 0.27、静脈血栓塞栓イベント0.39・重大心イベント0.22)。5年再置換率はUKAの方が全グループで高かった(リスク比5.95・2.50 ・3.13)一方、全原因早期再手術はTKA後の方が多かった。
【評価】
「どちらもviable」というのがここでの主結論である。日本からもUKAの方が運動機能回復が早いという報告がある(https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2013/0/2013_1296/_article/-char/ja/)。また、コストに重点をおいた系統レビューは、UKA選好を示唆している(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PM5711745/)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site