海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

T2D患者に行動介入で身体活動を促す
Effect of a Behavioral Intervention Strategy on Sustained Change in Physical Activity and Sedentary Behavior in Patients With Type 2 Diabetes: The IDES_2 Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:March 2019
巻:321
開始ページ:880
【背景】
行動介入によって2型糖尿病(T2DM)患者の身体活動を増やせるか。イタリアLa Sapienza UniversityのBalducciら(IDES_2)は、外来不活動患者300名を対象とするRCTを行った。行動介入群では個別の理論的カウンセリング(1回)とそれに続く隔週の実践的カウンセリング(8回/年)を行い、標準ケア群では医師が一般的なアドバイスした。一次アウトカム・指標は、持続的な身体活動量変化および身体活動・座位時間である。
【結論】
介入の一次アウトカム有効性を認めた。介入群では有意に身体活動量 が増え(差:週3.3 METs・時)、中等〜強度活動時間(差:6.4分/日)・軽度活動時間(差:0.8時間/日)・座位時間(差:−0.8 時間/日)も改善した。中等〜強度活動時間の群間差は試験後3年目に半減した。
【評価】
二次アウトカムにも有意差があり、効果は確実だった、という。カウンセリングは糖尿病専門医と運動療法専門家によるもので、心理専門家ではない。身体活動がT2D自体を改善することは前提されており、血液検査結果等はアウトカムとされていない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site