海外ジャーナルレビュー : 「理学療法」

腰痛へのPT相談・介入でオピオイド使用を抑える
Relationship of Opioid Prescriptions to Physical Therapy Referral and Participation for Medicaid Patients with New-Onset Low Back Pain [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:理学療法
ジャーナル名:Journal of the American Board of Family Medicine
年月:November-December 2017
巻:30
開始ページ:784
【背景】
アメリカでは腰痛(LBP)発症早期に理学療法(PT)介入が行われる例が増えているとみられる。University of UtahのThackerayらは、新規LBP患者454名の電子カルテ・医療保険データを用いて、早期LBPに対するPT介入の実態を検討する後向コホート研究を行なった。
【結論】
LBP初診7日以内に55%の患者がPTにコンサルテーションを受けており、19%がPT介入を受けていた。コンサルテーション率は、患者が非ステロイド性抗炎症薬加(aOR:1.81)・筋弛緩剤(aOR:2.24)を処方されている場合に増加し、他方、喫煙者や合併症保有患者では減少した。また、PT参加率はベースライン時にレントゲン歴(OR:2.63)、合併症(OR:2.96)があった場合に増加していた。1年間のオピオイド処方率は、PTコンサルテーション(aOR:0.65)・PT介入(aOR:0.47)を受けた患者で低下した。
【評価】
アメリカのLBP治療の現在の最大目標の一つは、オピオイド使用量を減らすことである。この研究は、治療を完了しなくても早期PTがオピオイド量を低減できることを示した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(理学療法)
Physical Therapy
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
脳卒中治療ガイドライン 2015  [追補2017対応]

脳卒中治療ガイドライン 2015  [追補2017対応]
出版社:協和企画

4,903 円(税込)

胃癌取扱い規約 第15版

胃癌取扱い規約 第15版
出版社:金原出版

4,104 円(税込)

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100
出版社:羊土社

4,104 円(税込)

続・あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!

続・あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!
出版社:南江堂

3,024 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site