海外ジャーナルレビュー : 「癌」

再発・難治LBCLへのCAR T細胞療法lisocabtagene maraleucel、3/4に奏効:TRANSCEND NHL 001
Lisocabtagene maraleucel for patients with relapsed or refractory large B-cell lymphomas (TRANSCEND NHL 001): a multicentre seamless design study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The Lancet
年月:September 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法は血液がんで高い効果を示しているが、重篤なサイトカイン放出症候群が問題となっている。Massachusetts General HospitalのAbramsonらは、同国14施設の再発・難治性の大細胞型リンパ腫患者に、lisocabtagene maraleucel(liso-cel、JCAR017)を投与する第1相試験TRANSCEND NHL 001を実施した(n=269)。
【結論】
患者の治療歴は中央値3ラインであった。6%で用量制限毒性が認められ、うち1名が死亡した。客観的奏効率は73%、完全奏効率は53%であった。グレード3・4の有害事象として、好中球減少症、貧血、血小板減少症が多くみられた。サイトカイン放出症候群は42%、神経学的イベントは30%で発生したが、グレード3以上のものはそれぞれ2%、10%にすぎなかった。
【評価】
複数ラインの治療歴を有するLBCL患者の3/4で奏効、半分に完全奏効をもたらした。グレード3以上のCRS・神経学的イベントが少ない点でも注目される。CLL患者でのTRANSCEND CLL 004試験の結果も有望とみられる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site