海外ジャーナルレビュー : 「癌」

後期高齢女性へマンモグラフィ意思決定支援パンフを配布すると
Effect of a Mammography Screening Decision Aid for Women 75 Years and Older: A Cluster Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Internal Medicine
年月:June 2020
巻:180
開始ページ:831
【背景】
マンモグラフィ乳がん検診の有効性は高齢になるにつれ低減することが知られ、欧米のガイドラインでは75歳以上の女性では検診の利益と害について知らせることが求められている。Beth Israel Deaconess Medical CenterのSchonbergらは、乳がん・認知症のないプライマリケアの75〜89歳女性を、受診前にマンモグラフィについてのワークブックを送付する意思決定支援介入または家庭安全パンフレットの送付(対照)に割り付けるランダム化比較試験を実施した(n=546)。
【結論】
18ヵ月後までにマンモグラフィを受けた女性は、介入群で51.3%、対照群では60.4%と介入群で9.1%減少した(調整リスク比0.84)。介入群では受診前後でマンモグラフィ希望が大きく低下し(24.5% vs. 15.3%)、検診の利益と害により知識があり(25.5% vs. 11.7%)、プライマリケア医とマンモグラフィについての話し合いを行っていた(47.4% vs. 38.9%)。また介入群の女性のほとんどが、このワークブックを推奨した。
【評価】
余命が少なく乳がんリスクの低い患者では、マンモグラフィの害が利益を上回るとされる。このRCTでは、高齢女性でのワークブックによる意思決定支援介入が、マンモグラフィに対する情報、医師との話し合いをもたらし、マンモグラフィ受診希望も低下させることを示した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site