海外ジャーナルレビュー : 「癌」

進行胆管がんセカンドラインに選択的FGFR阻害薬pemigatinib、1/3で奏効:第2相試験
Pemigatinib for previously treated, locally advanced or metastatic cholangiocarcinoma: a multicentre, open-label, phase 2 study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The Lancet Oncology
年月:May 2020
巻:21
開始ページ:671
【背景】
PemigatinibはFGFR1/2/3の選択的阻害薬であり、胆管がん患者の一部にみられるFGFR融合遺伝子陽性例での検証が進んでいる。Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのAbou-Alfaらは、1つ以上の治療を受け進行がみられた局所進行・転移胆管がん患者を、FGFR変異に基づき3つのコホートに振り分けpemigatinibを投与する第2相試験FIGHT-202を実施した。
【結論】
FGFR2融合・再構成患者107名、他のFGF・FGFR変異患者20名、変異なしまたは不明の患者19名が登録された。フォローアップ期間中央値17.8ヵ月で、FGFR2融合・再構成コホートの38名(35.5%)で客観的奏功がみられた。他のコホートで奏効はみられなかった。一般的な有害事象として高リン酸血症があり、グレード3以上の有害事象は64%でみられた。
【評価】
FGFR2融合は胆管がん患者の1割ほどでみられ、これらの患者に対するセカンドオプションとしてFDA承認を受けていた。第3相試験FIGHT-302も進行している。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site