海外ジャーナルレビュー : 「癌」

抗PD-1治療後の進行、再び抗PD-1治療しても奏効は稀
Long-Term Outcomes and Responses to Retreatment in Patients With Melanoma Treated With PD-1 Blockade [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:February 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
抗PD-1阻害薬による悪性黒色腫治療ではかなりの割合で完全奏効が見込めるが、完全奏効後に治療を継続する必要はあるか、また治療中止後に進行した患者で再度の抗PD-1阻害は有効か。Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのBetof Warnerらは、同施設で単剤による抗PD-1阻害治療を受けた切除不能悪性黒色腫患者で、治療中止後の長期アウトカムおよび再発患者での抗PD-1治療の有効性を調査した(n=396)。
【結論】
完全寛解は25.8%で認められた。治療中止までの期間は中央値0ヵ月(完全寛解とともに治療中止)であった。治療中止後に再発しなかった完全寛解患者での3年無治療生存率は72.1%、全生存率は82.7%であった。治療期間と再発リスクに関連はなかった。進行後に再治療を行った78名のうち、抗PD-1単剤治療を行った患者では5名/34名で奏効、抗PD-1+イピリムマブ治療を受けた11名/44名で奏効が認められた。
【評価】
完全奏効患者の大半で治療が中止され、3年後まで無治療のまま生存していた。ただしニボルマブの場合、CheckMate-153試験の結果から長期の治療継続が有益とされている。また本研究は、抗PD-1治療中止後進行患者での再治療について過去最大のリアルワールドデータをもたらすもので、再治療での奏効は初回治療よりも稀であることに加え、再治療での奏効が初回奏効の大きさと関連しないことを明らかにした。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
介護報酬の解釈 1 単位数表編 令和元年10月版

介護報酬の解釈 1 単位数表編 令和元年10月版
出版社:社会保険研究所

5,280 円(税込)

JAID/JSC感染症治療ガイド 2019

JAID/JSC感染症治療ガイド 2019
出版社:ライフサイエンス出版

2,640 円(税込)

よくわかる新生児マススクリーニングガイドブック

よくわかる新生児マススクリーニングガイドブック
出版社:診断と治療社

5,500 円(税込)

ICUに配属ですか?!

ICUに配属ですか?!
出版社:メディカ出版

2,640 円(税込)

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 第2版

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 第2版
出版社:医学書院

3,850 円(税込)

Medical Online English Site