海外ジャーナルレビュー : 「癌」

CAR NK細胞療法、CD19陽性リンパ腫・CLLでのパイロット研究で高奏効
Use of CAR-Transduced Natural Killer Cells in CD19-Positive Lymphoid Tumors [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:February 2020
巻:382
開始ページ:545
【背景】
キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法は大きな効果を示しているが、サイトカイン放出症候群などの重篤な副作用があり、製造も複雑かつ高コストである。University of Texas M.D. Anderson Cancer CenterのLiuらは、再発・難治CD19陽性腫瘍(非ホジキンリンパ腫・マン性リンパ性白血病)患者11名に、HLA不一致の臍帯血に由来するCD19標的化キメラ抗原受容体を導入したナチュラルキラー細胞を投与した。
【結論】
CAR NK細胞の投与は、サイトカイン放出症候群・神経毒性・移植片対宿主病と関連せず、炎症性サイトカインのレベル上昇も見られなかった。11名のうち、8名(73%)で奏効があり、このうち7名は完全寛解であった。奏効までの期間はいずれの用量でも30日以内であった。
【評価】
患者個別の細胞に由来せず、CAR療法のコストを大きく引き下げることが期待されるレディメイドなオルタナティブである。このパイロット研究でも再発・難治患者の3/4に奏効をもたらし、その有望性を示した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
介護報酬の解釈 1 単位数表編 令和元年10月版

介護報酬の解釈 1 単位数表編 令和元年10月版
出版社:社会保険研究所

5,280 円(税込)

JAID/JSC感染症治療ガイド 2019

JAID/JSC感染症治療ガイド 2019
出版社:ライフサイエンス出版

2,640 円(税込)

よくわかる新生児マススクリーニングガイドブック

よくわかる新生児マススクリーニングガイドブック
出版社:診断と治療社

5,500 円(税込)

ICUに配属ですか?!

ICUに配属ですか?!
出版社:メディカ出版

2,640 円(税込)

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 第2版

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 第2版
出版社:医学書院

3,850 円(税込)

Medical Online English Site