海外ジャーナルレビュー : 「癌」

メラノーマ少数個脳転移での全脳照射追加、ベネフィット示せず
Adjuvant Whole-Brain Radiation Therapy Compared With Observation After Local Treatment of Melanoma Brain Metastases: A Multicenter, Randomized Phase III Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:November 2019
巻:37
開始ページ:3132
【背景】
高リスク悪性黒色腫では脳転移が一般的で、少数個の転移に対しては外科手術・定位放射線手術が有効とされているが、全脳照射(WBRT)の追加に利益はあるのか。オーストラリアUniversity of SydneyのHongらは、1-3個のメラノーマ脳転移に対する局所治療を受けた患者を、WBRTまたは経過観察に割り付ける第3相多施設ランダム化比較試験を実施した(n=215)。
【結論】
12ヵ月脳内遠隔再発率はWBRT群で42%、経過観察群で50.5%であった(オッズ比0.71、非有意)。局所再発率はWBRT群で有意に低かった(20.0% vs. 33.6%)。12ヵ月時点でWBRT群の41.5%、経過観察群の51.4%が死亡し、神経死に差はなかった。WBRTはグレード1・2の急性毒性と関連した。
【評価】
先行RCTに続き(http://doi.org/10.1001/jama.2016.9839)、メラノーマ脳転移に絞ったこの試験でもWBRTのベネフィットは示されなかった。現在、標的療法や免疫チェックポイント阻害薬が有望とみられているが、脳転移への最適な補助療法は不明である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site