海外ジャーナルレビュー : 「癌」

mHS前立腺がん、アンドロゲン遮断療法へのエンザルタミド追加で進行リスク大幅減:ARCHES試験
ARCHES: A Randomized, Phase III Study of Androgen Deprivation Therapy With Enzalutamide or Placebo in Men With Metastatic Hormone-Sensitive Prostate Cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:December 2019
巻:37
開始ページ:2974
【背景】
エンザルタミドは去勢抵抗性前立腺がんにおいてベネフィットを示しているが、転移を有するホルモン感受性前立腺がん(mHSPC)ではどうか。Duke Cancer InstituteのArmstrongらは、mHSPC男性でのアンドロゲン遮断療法に加えて、エンザルタミドまたはプラセボを割り付ける第3相多国籍ランダム化比較試験ARCHESを実施した(n=1,150)。
【結論】
放射線学的無再発生存期間は、エンザルタミド群で中央値未到達、プラセボ群で19.0ヵ月であり、エンザルタミドにより有意にリスクが低下した(ハザード比0.39)。この改善は事前指定されたサブグループを通じてみられた。
【評価】
従来NSAAと比較したENZAMET試験でも有効性を示しており(http://doi.org/10.1056/NEJMoa1903835)、両結果に基づき適応追加の申請が行われている。mHSPC患者における重要なオプションとなるだろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site