海外ジャーナルレビュー : 「癌」

Favorableホジキンリンパ腫での放射線療法は省略できない:HD16試験
Positron Emission Tomography-Guided Treatment in Early-Stage Favorable Hodgkin Lymphoma: Final Results of the International, Randomized Phase III HD16 Trial by the German Hodgkin Study Group [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:November 2019
巻:37
開始ページ:2835
【背景】
限局期ホジキンリンパ腫での初回治療は、化学療法と放射線療法の併用が行われるが、化学療法後のPET結果により放射線療法を省略することは可能か。ドイツUniversity of CologneのFuchsらは、18〜75歳のfavorableホジキンリンパ腫の初回治療として、標準治療(2ラインのABVD後に放射線治療)、またはABVD後のPET-2が陰性であった場合には放射線治療を省略するPETガイド治療に割り付ける第3相国際ランダム化比較試験HD16を実施した(n=1,150)。
【結論】
5年無増悪生存率(PFS)は、標準治療群93.4%、PETガイド治療群86.1%であった(ハザード比1.78)。5年全生存率はそれぞれ98.1%、98.4%であった。標準治療群においてPET陰性結果は良好な5年PFSと関連した(93.2% vs. 88.4%)。陽性カットオフとしてDeauvilleスコア4を用いた場合、差はより明確になった。
【評価】
PET結果に基づく放射線治療の省略はコントロールの悪化をもたらした。地固め放射線治療が今後も標準とみなされる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site