海外ジャーナルレビュー : 「癌」

再発卵巣がんでの腫瘍減量術は生存期間を延長しない:第3相GOG-0213試験
Secondary Surgical Cytoreduction for Recurrent Ovarian Cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:November 2019
巻:381
開始ページ:1929
【背景】
進行卵巣がんの初回治療においては腫瘍減量術の有効性が確立されているが、再発卵巣がんでの第二次腫瘍減量術については十分に確立されていない。University of Texas M.D. Anderson Cancer CenterのColemanらは、治療歴があり、プラチナ化学療法を6ヵ月以上受けておらず、切除可能な病変を有する再発卵巣がん患者を、腫瘍減量術後のプラチナ化学療法またはプラチナ化学療法のみに割り付ける第3相ランダム化比較試験を実施した(n=485)。
【結論】
手術群の67%は完全な腫瘍切除を達成した。全生存期間の中央値は手術群で50.6ヵ月、化学療法単独群で64.7ヵ月であり、有意な差はなかった(ハザード比1.29)。無増悪生存期間はそれぞれ18.9ヵ月、16.2ヵ月であった(ハザード比0.82)。手術による30日以内の合併症率は9%で、1名が術後合併症で死亡した。
【評価】
このテーマで完了にこぎつけた初のRCTであったが、腫瘍減量術の優位を示すことはできなかった。ほかドイツのDESKTOP III試験(NCT01166737)は手術群でのPFS延長を示しているが、OSについてはimmatureである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site