海外ジャーナルレビュー : 「癌」

FLT3陽性の再発・難治AMLにギルテリチニブ:第3相ADMIRAL試験
Gilteritinib or Chemotherapy for Relapsed or Refractory FLT3-Mutated AML [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:October 2019
巻:381
開始ページ:1728
【背景】
FMS様チロシンキナーゼ3(FLT3)阻害剤ギルテリチニブは、急性骨髄性白血病(AML)の3割ほどを占めるFLT3変異患者で単剤活性を示している。University of PennsylvaniaのPerlらは、FLT3変異を有する再発・難治AML患者を、ギルテリチニブまたはサルベージ化学療法に2:1で割り付ける第3相ランダム化比較試験ADMIRALを実施した(n=371)。
【結論】
全生存期間の中央値はギルテリチニブ群で9.3ヵ月、化学療法群で5.6ヵ月と、ギルテリチニブ群で有意に延長した(ハザード比0.64)。無イベント生存率はそれぞれ2.8ヵ月、0.7ヵ月であり(ハザード比0.79)、造血機能の部分的な回復を伴う完全寛解率は34.0%、15.3%、完全寛解率は21.1%、10.5%であった。グレード3以上の有害事象および重篤有害事象はギルテリチニブ群で少なかった。
【評価】
生存アウトカムと有害事象の少なさで化学療法を上回り、国内でも承認された。FLT3陽性r/r AMLでの新しい標準治療となるだろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site