海外ジャーナルレビュー : 「癌」

irAEで中止された免疫チェックポイント阻害治療、再チャレンジは可能か
Evaluation of Readministration of Immune Checkpoint Inhibitors After Immune-Related Adverse Events in Patients With Cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Oncology
年月:June 2019
巻:5
開始ページ:1310
【背景】
免疫チェックポイント阻害薬では免疫関連有害事象(irAE)がしばしばみられ、グレード2以上のirAEでは治療が中止される場合もある。フランスGustave RoussyのSimonaggioらは、PD-1・PD-L1阻害治療中にグレード2以上のirAEを経験した患者で、PD-1・PD-L1阻害薬再開の安全性を評価した(n=93)。
【結論】
メラノーマ(33%)、肺がん(16%)、大腸がん(9%)、白血病(9%)などが含まれた。有害事象のグレードは、グレード2が46%、グレード3が39%、グレード4が15%であった。このうち40名が同一薬剤の再使用を受け、14ヶ月間のフォローアップで22名(55%)でirAEが発生した。初回irAEまでの期間が短い患者では、再使用時のirAE発生率が高かった。再使用時のirAEは、初回のirAEよりも重度ではなかった。
【評価】
免疫チェックポイント阻害薬再チャレンジ時のirAEは重度ではなく、適切なモニタリングが行われているならば許容可能とみられたが、より大規模な前向研究で確証される必要がある。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site