海外ジャーナルレビュー : 「癌」

先天性欠損症の小児がんリスク、非染色体性疾患でも:米1000万人の出生データから
Association Between Birth Defects and Cancer Risk Among Children and Adolescents in a Population-Based Assessment of 10 Million Live Births [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Oncology
年月:June 2019
巻:5
開始ページ:1150
【背景】
先天性欠損症は小児の3%ほどにみられるとされ、21トリソミーなどで小児がんと関連することが知られる。Baylor College of MedicineのLupoらは、アメリカ4州で1992年以降に出生した10,181,074名のデータから、先天性欠損症と18歳までのがん診断との間にある関連を調査した。
【結論】
先天性欠損のない小児と比して、染色体性異常を持つ小児では11.6倍、非染色体性異常を持つ小児でも2.5倍の小児がん診断があった。非染色体性異常が4つ以上ある小児では、がん診断リスクは5.9倍となった。非染色体性異常と最も強く関連したがんは、肝芽腫と神経芽腫であった。
【評価】
1000万人超の大規模データから、染色体異常だけでなく非染色体性異常でも小児がんがリスクが上昇することを明らかにした。累積リスクが1%に近づく非染色体性異常が4つ以上の小児では、がんモニタリングを行う意義があるかもしれない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site