海外ジャーナルレビュー : 「癌」

腎細胞がん脳転移ではニボルマブ有効性は限定的
Safety and Efficacy of Nivolumab in Brain Metastases From Renal Cell Carcinoma: Results of the GETUG-AFU 26 NIVOREN Multicenter Phase II Study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:August 2019
巻:37
開始ページ:2008
【背景】
ニボルマブは、進行した淡明細胞型腎細胞がん(RCC)での標準治療となっているが、RCC転移の5%ほどを占める脳転移での活性についてはデータが乏しい。フランスUniversite Paris-SaclayのFlippotらは、VEGF治療が失敗した転移性淡明細胞型RCC患者でニボルマブの活性・安全性を評価した第2相GETUG-AFU 26 NIVOREN試験から、無症候性脳転移でのニボルマブの活性を評価した。
【結論】
73名の脳転移患者が含まれた。うち39名は脳転移治療歴がなく(コホートA)、34名は治療歴を有した(コホートB)。コホートAの頭蓋内奏効率は12%であり、複数病変、1cmを超える病変を有する患者では奏効は見られなかった。頭蓋内無増悪生存期間はコホートAで中央値2.7ヶ月、コホートBで4.8ヶ月であり、1年生存率はそれぞれ67%、59%であった。
【評価】
脳転移での活性は限定的であった。転移量が限られた患者でのみ奏効がみられ、また局所療法歴のある患者は進行リスクが低下しており、これらが治療最適化のカギとなりそうだ。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site