海外ジャーナルレビュー : 「癌」

プロテアソーム阻害薬治療中の心血管合併症発生率と予測マーカー
Prospective Study of Cardiac Events During Proteasome Inhibitor Therapy for Relapsed Multiple Myeloma [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:August 2019
巻:37
開始ページ:1946
【背景】
プロテアソーム阻害薬による治療中は、心血管有害事象のリスクが高まることが示唆されている。Vanderbilt University Medical CenterのCornellらは、カルフィルゾミブまたはボルテゾミブによる治療を開始された再発多発性骨髄腫患者での前向研究で、心血管有害事象のリスク因子とアウトカムを調査した(n=95)。
【結論】
中央値25ヶ月のフォローアップ期間で64件のCVAEが発生し、うち55%がグレード3以上であった。CVAE発生率はカルフィルゾミブで51%、ボルテゾミブで17%であった。最初のCVAEは、治療開始から中央値31日で発生し、86%は3ヶ月以内に発生した。ベースラインでBNPレベル上昇(>100 pg/mL)またはNT-proBNP上昇(>125 pg/mL)がみられたカルフィルゾミブ患者ではCVAEリスクが高く(オッズ比10.8)、さらに最初の3サイクルでのBNPレベル上昇はCVAEオッズを大きく増加させた(36.0)。CVAE患者では、無増悪生存期間・全生存期間が大きく悪化した。
【評価】
CVAEは、ボルテゾミブよりもカルフィルゾミブを使用した患者で多く見られ、アウトカム悪化と関連した。ベースラインBNP検査は、心不全イベントリスクの高い患者を特定するために役立ちうる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site