海外ジャーナルレビュー : 「癌」

終末期を前にしたがん患者とのコミュニケーションを改善する
Evaluating an Intervention to Improve Communication Between Oncology Clinicians and Patients With Life-Limiting Cancer: A Cluster Randomized Clinical Trial of the Serious Illness Care Program [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Oncology
年月:March 2019
巻:5
開始ページ:801
【背景】
Harvard T.H. Chan School of Public HealthのPaladinoらは、Dana-Farber Cancer Institute腫瘍科外来の高死亡リスクがん患者(n=278)・医師(n=91)を対象としたクラスターランダム化比較試験を実施し、コミュニケーション品質改善介入Serious Illness Care Programが、患者と腫瘍科医の文書化された会話の機会・時期・品質・アクセシビリティに与える効果を評価した。
【結論】
患者の58%は研究期間中に死亡した。患者死亡後のカルテレビューでは、介入群でより多くの話し合いがもたれており(96% vs. 79%)、話し合いが行われるまでの期間も短かった(死の143日前 vs. 71日前)。介入群の話し合いの内容は、価値観や治療目的、疾患・予後の理解、生命維持への嗜好に重点をおいた、より包括的なものとなった。
【評価】
SICG(コミュニケーションガイドツール)や医師のトレーニング、早期の話し合いを促すシステム変更などからなる品質改善プログラムで、終末期のための話し合いをより早期に、より患者中心的なものとすることができた。一次アウトカム(治療目標の一致と終末期の平穏)については別報で発表されている(http://doi.org/10.1001/jamainternmed.2019.0077)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site