海外ジャーナルレビュー : 「癌」

HER2陽性乳がんでの術前療法、PET-CTで化学療法を回避できる患者を特定
TBCRC026: Phase II Trial Correlating Standardized Uptake Value With Pathologic Complete Response to Pertuzumab and Trastuzumab in Breast Cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:March 2019
巻:37
開始ページ:714
【背景】
HER2陽性乳がんでは、化学療法に加えたペルツズマブ・トラスツズマブ(PT)による二剤HER2標的療法が有効とみられているが、一部患者では化学療法を除いたHER2標的療法単独でもベネフィットを期待できるかもしれない。Johns Hopkins University のConnollyらは、ステージII/IIIのER陰性HER2陽性乳がん患者(n=88)に対する術前補助PT療法において、ベースライン時と治療開始15日後にFDG-PET/CTを実施し、除脂肪体重で補正したSUV最大値(SULmax)の病理学的完全寛解(pCR)予測能を検証した。
【結論】
ベースラインから治療15日目までのSULmaxの変化は、pCRをAUC:0.76の精度で予測できた。pCR達成患者では、SULmaxの減少率が大きく(63.8% vs. 33.5%)、SULmaxが40%以上減少した患者の割合も高かった(86% vs. 46%)。
【評価】
治療開始2週間後の時点で、PT療法の奏功を高精度で予測し、化学療法を回避できる患者を同定可能であった。PETによる治療精密化アプローチとして期待が持てる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site