海外ジャーナルレビュー : 「癌」

前立腺がん診断後のアスピリン服用に効果はあるか:デンマーク研究
Use of Low-Dose Aspirin and Mortality After Prostate Cancer Diagnosis: A Nationwide Cohort Study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Annals of Internal Medicine
年月:April 2019
巻:170
開始ページ:443
【背景】
アスピリンはいくつかの癌に予防的に働くことが知られているが、がん診断後の服用により死亡率を改善することは出来るか。デンマークDanish Cancer Society Research CenterのSkriverらは、同国の国家規模レジストリの前立腺がん患者において、診断後の低用量アスピリン服用と前立腺がん特異的死亡率との関連を調査した(n=29,136)。
【結論】
フォローアップ期間中央値4.9年で、7,633名が前立腺がん、5,575名が他の原因により死亡した。診断後の低用量アスピリン服用は、前立腺がん特異的死亡についてハザード比0.95、他原因死亡について1.12であった。二次解析では、低用量アスピリン曝露期間から5年・7.5年で低用量アスピリンによる死亡率のわずかな低下が見られた(ハザード比0.91・0.84)。
【評価】
5年を超えるアスピリン服用で死亡率低下効果がみられた。大腸がんでは予防効果が現れるまでにある程度長期の曝露が必要とみられており、前立腺がんでもアスピリンが有効である可能性はある。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site