海外ジャーナルレビュー : 「癌」

新規診断多発性骨髄腫におけるレナリドミド維持療法:Myeloma XI試験
Lenalidomide maintenance versus observation for patients with newly diagnosed multiple myeloma (Myeloma XI): a multicentre, open-label, randomised, phase 3 trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The Lancet Oncology
年月:January 2019
巻:20
開始ページ:57
【背景】
レナリドミドは、多発性骨髄腫(MM)患者における自家造血幹細胞移植後の維持療法として、複数のRCTで無増悪生存期間の延長を示している。イギリスNewcastle UniversityのJacksonらは、NHS病院110施設で実施された適応デザインによる第III相ランダム化比較試験Myeloma XIにおいて、試験プロトコル治療に反応した新規診断MM成人患者を、レナリドミド維持療法または経過観察に割り付けた(n=1,917)。
【結論】
フォローアップ期間中央値31ヶ月で、無増悪生存期間はレナリドミド群39ヶ月・経過観察群20ヶ月であった(ハザード比0.46)。事前指定サブグループ解析では、移植適格患者でレナリドミド維持療法による有意な3年生存率の上昇がみられた(ハザード比0.69)。また細胞遺伝学的リスクが、中・高・超高の患者でもレナリドミド群で生存率が高い傾向が見られたが、いずれも検出力が不十分であった。
【評価】
MMでは過去最大となる臨床試験で、先行3試験と同様(http://doi.org/10.1200/JCO.2017.72.6679)、OS効果は明確でなかったもののPFSイベントリスクは半減した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site