海外ジャーナルレビュー : 「癌」

子宮頚がん検診は何歳まで続けるべきか
Age at last screening and remaining lifetime risk of cervical cancer in older, unvaccinated, HPV-negative women: a modelling study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The Lancet Oncology
年月:December 2018
巻:19
開始ページ:1569
【背景】
子宮頸がん検診は子宮頸がんリスクを低減させることが確認されており広く実施されているが、終了年齢についてのエビデンスは乏しく、各国のガイドラインで対応が分かれる。カナダMcGill UniversityのMalagonらは、カナダの州レジストリのデータを用い、子宮頸がんの自然史と検診のMarkovモデルを開発、異なる年齢・検査結果ごとの子宮頸がんの残存生涯リスクを推定した。
【結論】
HPVワクチン接種・検診を受けない女性の45人に一人が子宮頸がんを発症すると予測され、細胞診(25歳から69歳まで3年ごと)はこれを532人に一人まで低下させた。検診を終了した70歳女性のうち588人に一人が残りの生涯に子宮頸がんとなるリスクがあったが、細胞診陰性であった場合1,206人に一人、HPV検査陰性であった場合は6,525人に一人、細胞診・HPVとも陰性であった場合は9,550人に一人であった。
【評価】
細胞診による検診では、75歳まで新たな検診による予防効果がみられた一方、HPV検査は55歳で陰性であった場合、検診を受け続けるベネフィットは乏しいと考えられた。日本では現在までのところ子宮頸がん検診の終了年齢について定めたガイドラインはない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site