海外ジャーナルレビュー : 「癌」

月一回の高用量ビタミンDでがんリスク低下せず:ViDA試験の事後解析
Monthly High-Dose Vitamin D Supplementation and Cancer Risk: A Post Hoc Analysis of the Vitamin D Assessment Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:JAMA Oncology
年月:November 2018
巻:4
開始ページ:e182178
【背景】
ビタミンDの摂取はがんリスク低下と関連するとの報告があるが、ランダム化比較試験の結果は否定的なものが多い。ニュージーランドUniversity of AucklandのScraggらは、50〜84歳の住民(n=5,110)に月一回100,000 IU(初月は2倍)またはプラセボのカプセルを郵送し、4年間の心血管疾患・急性呼吸器感染症・転倒などへの効果を検証したViDA試験の事後解析を実施、非メラノーマ皮膚がんを除いた悪性腫瘍リスクとの関連を検証した。
【結論】
季節調整された25-ヒドロキシビタミンD濃度は、ベースラインで平均26.5 ng/mLであり、介入群のランダムサンプルでは、プラセボ群よりも常に20 ng/mL以上高かった。がん発症率は、介入群6.5%・プラセボ群6.4%であった(ハザード比1.01)。
【評価】
ビタミンDによるがん予防についてはLappeらのRCTが有効性を示したものの(http://doi.org/10.1093/ajcn/85.6.1586)、同グループによるRCTが再現に失敗したという経緯がある(http://doi.org/10.1001/jama.2017.2115)。本ViDA試験、さらに最近発表されたVITAL試験(https://doi.org/10.1056/NEJMoa1809944)も結果はネガティブであり、がん予防を目的としたビタミンD補充は推奨されない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site